ホスト,キャバ,風俗等のちょっと大人の無料ケータイ小説!PC,スマホ、ガラケー全対応!

小説トップ

水中花

連載中

【小説概要】ロマンチストの作者が運命のあなたへ捧げる短歌・一日一首 

  • 小説ID:48700
  • ピックアップ:1回
  • カテゴリ詩・俳句
  • ページ数:53ページ
  • 連載状況:連載中
  • 総閲覧数:3,573件
  • しおり数:12人
  • レビュー:3件(5.0)
  • 作成日:2016年12月31日
  • 更新日:2017年4月26日
最初は今まで書いていたものをまとめて載せてみます。
古文好きですが文法等の知識はほぼ抜けてしまっているので誤った用法等、ご容赦くださいませm(__)m

レビュー (平均評価5.0) 3件

3評価: ★★★★★
母は日記代わりに詠んでいましたが、私には才覚がありません。
玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする…小学生の頃、百人一首でお気に入りの歌をラブレター代わりに一札抜いて贈った事があります。
その夏、両親が離婚し転校となったので、変人扱いされずに済みました。
あの街に居たかったなぁ…。
投稿者:

さん

2評価: ★★★★★
「このレビューには作品の内容が含まれています。」
詠んでいて思わず
ニヤリとしてしまうような
歌があって楽しい気持ちに
なれました。

身近なことに
色々な歌の題材が
あるのだということを
感じました。

何か昔の歌人の人達も
そんなノリで楽しみながら
歌を詠んでいたと思うと
親近感が湧いて来ますね。

「薫さん」の歌に
仕事前の元気を貰っています。

いつもありがとうございます
m(__)m


投稿者:

ぶーたんさん

1評価: ★★★★★
「このレビューには作品の内容が含まれています。」
こちらの作品も
すごいオシャレですっ!!

口語(現代の話し言葉)と
文語(古文)の歌の
両方を作られていて
凄いと思いました。

決まった文字数の
中に自身の想いと感情を
込める、
正に大人の言葉遊び、

う〜ん、
誠に痺れました。

これぞ諧謔味に
溢れるとでも
申しましょうか。

読みながら
学べるこちらも
素晴らしい作品であると
存じます。
投稿者:

ぶーたんさん

薫さんの他の作品

この小説のタグ

この小説を教える

友達にメールで教える推薦する規約違反を報告

いいね LINEで送る

水中花 ©著者:薫

ホスラブ求人

夜のケータイ小説サイト「ホスラブ小説」
PC,スマホ、ガラケーで全ての機能が利用できます!

Copyright © hostlove.com All Rights Reserved.