ホスト,キャバ,風俗等のちょっと大人の無料ケータイ小説!PC,スマホ、ガラケー全対応!

4章:最初の別れ (10/10)

とりあえず、メールも電話も着信拒否した。


後から聞いた話だと、何度か大学や家まで来たらしい。







「そこまでする、執念がすごいよな」



ため息混じりに、弘樹が呟いた。



行為が済んだ後の弘樹は優しい。私を抱き寄せては、何度かキスをしてくれていた。




「お前の元カレ。何度話聞いても、お前への愛情の深さにはびびるわ。俺だったら着拒されたら諦めるよ」



「でも、別れたの。アイツは私じゃない方を選んだんだし。もう、愛情の深さなんて測れないよ」




弘樹がモゾモゾ動いた。くすぐったいけど、愛おしい。


弘樹の背格好はアイツに似ている。だから、この役目に適任なのだ。



私はアイツが抜けた穴を弘樹で埋めようとした。
弘樹は弘樹で、結婚前にもっと遊びたかったようで、私達の利害は一致し、今日までに至る。



「いい加減、忘れろよ」


いいや、昨日までは忘れてたの、と言いたかったが、面倒なのでやめた。






代わりに、もう一度、キスをした。
29 /530

※この小説を友だちに教える⇒メール

いいね LINEで送る

雑多な感じで、戻ってきました。 ©著者:unknown

ホスラブ求人

夜のケータイ小説サイト「ホスラブ小説」
PC,スマホ、ガラケーで全ての機能が利用できます!

Copyright © hostlove.com All Rights Reserved.