ホスト,キャバ,風俗等のちょっと大人の無料ケータイ小説!PC,スマホ、ガラケー全対応!

小説トップ

朝いちばん早いのは

完結

【小説概要】焼きたてのパンの香りが運命を変える

  • 小説ID:41547
  • ピックアップ:1回
  • カテゴリ恋愛/友情
  • ページ数:186ページ
  • 連載状況:完結
  • 総閲覧数:202,081件
  • しおり数:974人
  • レビュー:28件(4.9)
  • 作成日:2014年6月6日
  • 更新日:2015年8月30日
“ベーカリー・ワールドカップ”の別称で知られるパンの世界大会『クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー』の最年少メンバーとして日本チームの優勝に貢献し、天才パン職人の名を欲しいままにした青年は、なぜか表舞台から身を隠すように小規模な宅配パン屋を営んでいる

そして、あるパン屋のひとり娘として生まれた少女は、突然の事故で家族を全て失いつつも、ベーカリー・カフェを開業するという夢を捨てきれずに毎日を過ごしていた

都会の片隅で孤独なふたりが出会った時、焼きたての夢が黄金色に煌(きら)めく


レビュー (平均評価4.9) 28件

28評価: ★★★★★
黒蝶少年さま

お休みをしており、完結のレビューが大変遅くなりました。
爽やかで健やかで美しい。と書くとどこかのお茶の様ですが、読後感に暖かい息吹を感じる作品をありがとうございました。
“人は一人では何もできない”というテーマを終始一貫して執筆されたのは、私の大好きな山本周五郎氏ですが、本作もまた、貴島とこむぎの共同作業に依って紡がれた掛け替えのない愛と味覚の協奏曲。
“こだわり”とは何にも代えがたき努力と信念と愛なのでしょうね! 胸に沁み入りました。
次なる新作を、心からお待ちしております。
投稿者:

七斗さん

27評価: ★★★★★
コメント遅くなりm(__)m
爽やかで和やかで心地好い作品でした。
私も黒蝶様と同じくご飯派です。だからこそ、パンを食べようと思えばスーパーではなくパン屋に行きます。香りや食感が全然違うんですもん(*´-`) ゆえに私はパンを日常食には出来ないです。お値段的に。。
そういえば、ご飯の産地やブランドにもこだわりあるんですか?

涼しくなってきましたので、体調崩されないようご自愛ください。
…エロ楽しみにしています。
投稿者:

えみぞーさん

26評価: ★★★★★
遅ればせながら
完結までお疲れさまでした(^ー^)
なんだか読み進むのが勿体なくて…時間をかけて読ませていただきました

次回作も楽しみにしていますが、まずはお身体を大切に。

おばちゃん密かに心配しています。


投稿者:

三児の母さん

すべてのレビューを見る(28)

黒蝶少年さんの他の作品

全ての作品を見る(7)

この小説のタグ

この小説を教える

友達にメールで教える推薦する規約違反を報告

いいね LINEで送る

朝いちばん早いのは ©著者:黒蝶少年

ホスラブ求人

夜のケータイ小説サイト「ホスラブ小説」
PC,スマホ、ガラケーで全ての機能が利用できます!

Copyright © hostlove.com All Rights Reserved.